グッドウィルの映画日記

愛する映画の感想を書いていきます

いい話かよ…グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜感想、ネタバレ

2014年の映画『グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜』を見ました!!

リース・ウィザースプーン主演のヒューマンドラマでスーダン内戦での難民をアメリカで保護することになった女性と若者たちの話を実話を基に描いています。

 

採点3.8/5.0

 

すごくいい話で、本当の幸せについて考えさせられる映画です。一生に一度は見て欲しいですね…

 

あらすじ

 

カンザスシティの職業紹介所勤務のキャリーはスーダン内戦で両親を亡くしたマメールらを出迎える。

キャリーは彼らの勤務先を見つけようと奔走するが、電話すら知らない彼らの就職は困難を極め、悩むことになる。

しかし一方で彼らの純粋さにキャリーは職務の任務を超えて彼らの世話を焼くようにもなっていく…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭アメリカ行きの飛行機に乗り込むマメール達。彼らはスーダン内戦によって生じた難民で幼い頃から戦火に巻き込まれてきた。

マメールは幼い頃兄のテオ、姉のアビダルと暮らしていたが村を襲撃されて両親を亡くしてしまう。

 

彼らは村を出てエチオピアに進み、トラを撃退したりしながら進んでいく。

すると他の難民たちと出会い、エチオピアに兵士がいたため引き返していることを知り、引き返すことになる。

 

難民たちと進んでいたが途中でテオの提案で離脱して川を渡ることになる。すると川上から死体が流れてくる。

聞こえる銃声をよそに一人一人川を渡っていく。仲間のガブリエルは川を渡らず兵士に撃たれて死んでしまう。

 

水分がなく、憔悴しきる一行。ケニアを目指して進んでいくが仲間のダニエルが病気にかかって休むことになる。

朝目覚めると近くに兵士がおり、テオが捕虜となって連れていかれてしまう。

 

ケニアの難民キャンプまで辿り着いたマメール達は食料を支給されて、ダニエルは国連に診てもらうことになる。

その後ダニエルは亡くなり、マメール達は13年後も彼の墓に祈りを捧げている。

 

マメールは医者として難民キャンプで働いており、難民達の世話を焼いている。

難民キャンプに辿り着いて成長したもののそこから出れないマメール達。

しかしある日マメール達は全員アメリカのカンザスシティに受け入れられることになる。

 

アメリカへと旅立つマメール達。空港で出迎えられるジェレマイヤ、ポール、アビダルマメールの4人。しかし女性のアビダルは違うところへと引き離されることになる。

 

職業紹介所のキャリーは福祉局の代わりにマメール達を空港に迎えにいくことになる。

何も知らない彼らの戸惑いながら、金曜まで預かるのは無理だと福祉局に電話する。

 

家まで案内してマメール達に親切にしてくれたことをめっちゃ感謝されて困惑するキャリー。

福祉施設のパメラはマメール達にアビダルと共に暮らしたいと言われるが断る。

 

翌日電話の取り方も知らないマメール達。キャリンが家に来て電話を知らない彼らに驚く。

飲食店で面接を受けるものの全く噛み合わない。職業紹介所のボスに相談してポールは組み立て工場、ジェレマイヤとマメールはスーパーで働くことになる。

 

それぞれの職場で研修を受ける。

夜はそれぞれの職場の出来事で起きたことを話して笑い合う。

ある日勝手にキャリーの家に入るマメール。キャリーはびっくりしてバットを持ってくるがマメールはお礼を渡しに来たのだった。

 

キャリーはマメール達に興味を示してスーダンの難民について調べ始める。

ポールは職場の仲間から打ち解けてもらって笑みを仕事中に見せるようになる。

 

ジェレマイヤは賞味期限切れの食物を与えない店長に嫌気をさしてスーパーをやめる。

キャリーは社会で生きていくには我慢することも必要だと教える。

 

ポールはいくら仕事しても評価されないことを嘆いて3人の中で孤立してしまう。

ポールはかつてライオンに襲われて命を落とした仲間を思っていて、無断で帰ってしまう。

 

キャリーはポールと話しに行き、マメール達と話すが何日も帰ってきていないことを知る。

その中でアビダルと引き離されたことも知る。ポールはアビダルに交換所経由で電話をかけていた。しかし住所がわからず電話を壊していると警察に逮捕されてしまう。

 

迎えに来たマメールとテオが死んだのはマメールのせいだとして喧嘩になってしまう。

マメールも自分を責めており彼らはみんなトラウマと戦っていた。

ポールとマメールは仲直りしてキャリーも見守っている。

 

キャリーはアビダルを取り戻すために奔走して、福祉局から弁護士を探すように勧められる。

キャリーは自分の家で彼らを受け入れることにして部屋を掃除する。

そしてキャリーの計らいでクリスマスにアビダルを迎えてマメール達は共に生活する。

キャリーはその後もスケートに連れていくなど面倒を見る。

 

ある日キャリーはアビダルにかつて仲の良かった妹をガンで亡くしたことを語る。

そして翌日アビダルマメールにテオが生きているかもしれない話をする。

 

マメールスーダンに確かめに行きたいと言い、キャリー達の支援で福祉局に相談して大使館を回ることを勧められる。

マメールは簡単にアメリカに戻らないことを承知でケニアに戻ることになる。

 

キャンプでテオの安否を聞き回るマメール。そしてついにテオと再会し、抱きしめ合う2人。

しかしテオはリウマチ熱に侵されており、マメールは体に刻まれた拷問の跡を見て心を痛める。

 

ナイロビの大使館でテオのビザ取得を目指すが断られるマメール

しかしテオに手続きはうまくいったと嘘をつく。

 

マメールは空港でテオにチケットを渡してテオに自分はマメールだと名乗るように指示して1人分しかビザがないことを告げ、自分はケニアの病院で働くと告げる。

マメールはテオを見届けてキャンプに戻っていく。

 

ジェレマイヤは教会でマメール達兄弟の話をしている。

そこにマメールからキャリーに電話がかかり、事の顛末を知る。

彼らはテオを迎えに行き、ジェレマイヤは自分たちはロストボーイズではなく、自分を見つけたのだと語る。

 

所感

 

いやーいい話やなー…

 

どんなに辛い過去があってアメリカに来たかったとしても離れた家族のことを忘れない彼らと僕たちではどちらが幸せなのか考えさせられる映画でしたね…

 

リース・ウィザースプーンはどうしてもキューティ・ブランドの印象が強いけどこの映画ではベテランとして確かな演技力を見せていましたね…

 

最後のマメールの行動は世界中の人がどれだけ真似できるのかな?先進国で暮らして当たり前にあるものを忘れてるのは僕たちなんじゃないかな?と思ってしまいましたね…

こーれはいい映画…てか泣く…ルーム 感想、ネタバレ

2015年の映画『ルーム』を見ました!!

ルーム(字幕版)

ルーム(字幕版)

 

この年の映画賞を総なめにしたとも言えるほどの話題作で、主演のブリー・ラーソンは見事にこの年のアカデミー主演女優賞に輝いています!!!

 

採点3.9/5.0

 

いやー、怒涛の展開でしたけど本当に感動しましたし、話題になるのもわかりますね…

 

あらすじ

 

施錠された地下の部屋に住む五歳のジャックと母親のジョイ。

ジョイはかつてオールド・ニックに監禁され7年が経過していた。

ジョイはある時この部屋しか知らないジャックに世界を見せるために部屋を脱出する計画を考える…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭母親のジョイは地下室で息子のジャックと暮らしている。ジャックは5歳でこの部屋しか知らない。

髪が伸びきっているジャックはジョイに話しかけるがジョイは少し暗い。

 

その日はジャックの誕生日で2人はエクササイズをしながら遊んでいる。

ケーキを焼くがろうそくがないため食べないというジャック。ジョイはジャックを抱きしめて半分ケーキを食べて2人でお風呂に入る。

 

日曜にジャックの父親で2人を監禁しているオールド・ニックが差し入れに来る。ジョイはジャックに会わせずに関係を嫌々持つ。

 

ある日ジョイはジャックが見とれていたネズミを殺す。ジョイはネズミのばい菌から守るためにしたのだというがジャックは不満だ。

 

ジョイはある日ジャックのためにラジコンをあげる。めちゃくちゃ大はしゃぎするジャック。

ニックはジョイに景気が悪いため失業していることを告げる。ジャックに話しかけるニックだがジョイに止められる。

 

その後目覚めたジャックはニックに話しかけられるがジョイは激しく拒絶し、ベッドに押し付けられてしまう。

 

ジョイは本格的に部屋を脱出することを考え始める。ジョイはジャックに外の世界は広いことを教えて脱出の手伝いをさせる。

さらに17歳の時にニックにさらわれて今の地下室にいること。そして1人でジャックを産んだことを教える。

 

ジョイはジャックが熱が出たことにする。さらに嘔吐してジャックが体調を崩していることを偽装する。

 

ニックが来て薬を買いに行くことになり、ジャックが外に抜け出すことは失敗する。

そのためジャックは死んだふりをして外に出ることになる。

2人で死んだふりの練習をしてカーペットに包まれるジャック。

 

ニックが来てジャックが死んだ演技をするジョイ。ニックはカーペットごとジャックを担いで外に出てトラックに積んで移動する。

 

ジャックはトラックの荷台でカーペットから脱出してはじめて外の世界を見る。

そしてトラックが曲がる際に飛び降りて近くの人に助けを求めてニックはジャックを捨てて逃げる。

 

パーカー巡査に保護されたジャックははじめて話すジョイ以外の人間を恐れながらもジョイのいる部屋のヒントを話して監禁されていたことを察するパーカー。ジョイは無事に救出されて泣きながらジャックと抱きしめ合う。

 

病院のベッドで眠る2人。ジャックは目覚めてあまりにも違う世界に戸惑いを隠せない。

ミッタル医師達を怖がるジャック。いろんな薬を処方される2人。ジャックに負担が大きいためしばらく入院することを勧めるミッタルだがジョイは早く帰ることを選択する。

 

ジョイの両親が病院に来てジョイは再会を噛みしめる。しかし両親は離婚していた。

ジョイの家に帰る2人だがメディアが待ち受けている。祖母の夫であるレオと会うジャック。しかし何も話せない。

 

祖父のロバートも家に来て体力のないジャックはジョイと階段を一緒に上がる。声の小さいジャックはジョイとしか夕食でも話さない。

ロバートは娘を誘拐したニックとの子であるジャックをどうしても直視できない。

そのことで機嫌を損ねたジョイはジャックと部屋に帰ってしまう。

 

ストレスの溜まっているジョイ。連日家に来るメディアにうんざりしている。

レオはうまくジャックを誘って甘いお菓子を一緒に食べる。

 

ミッタルは家に来てジャックの教育をしている。ジョイはいつも自分に甘えてくるジャックにイライラし始めて当たりが強くなる。

そんな自分にイライラしているジョイ。母に人生を奪われたのは自分だけかと問われて口喧嘩になってしまう。

 

メイクしてインタビューに答えるジョイ。辛い質問もある中でジャックはニックの子供ではないとして、ジャックを病院の外に置くように頼まなかったのかなど聞かれて部屋で5年ジャックが過ごしたことは正解だったのかと問われて思いつめてしまう。

 

ある日ジャックが夜風呂から出てこないジョイを見に行くとジョイは自殺未遂をしていた

救急車で運ばれるジョイ。入院することになる。

 

病院から電話で話すジャックとジョイ。帰ってきてほしいと怒ってしまうジャック。レゴをして1人で過ごす。

 

ジャックは祖母と料理するなどして時々かつての部屋に帰りたい時があると話す。

するとジャックを助けてくれた男性が犬のシェイマスをジャックにプレゼントしてくれる。

 

ジャックは髪を切ってジョイに送ることにする。

徐々に家族と打ち解けていくジャック。近所の子供とも遊び始め、その様子をジョイも笑顔で見ている。抱きしめ合うジョイとジャック。

 

ジョイは自分を良くないママだと告げ泣き出してしまうが、ジャックに友達ができたことを喜び、2人で共に過ごす。

 

ある日ジャックはちょっとだけかつての部屋に戻りたいと話す。

2人は部屋に行き、ジャックは物がなくなった部屋が縮んだように見える。

そしてそれぞれの物に別れを告げて2人は万感の思いで部屋を後にする。

 

所感

 

めっちゃ泣いてまいましたわ…

 

いやージャックとジョイが部屋から脱出して保護された後抱き合うシーンは泣けましたね…本当に良かった。

 

個人的には部屋から脱出するまでの話かな?と思って見てたので最後の展開は少しびっくりしました。だけどそうなりますよね…ジョイも自分の人生を奪われて苦しかったわけやし…

 

最後にジャックが部屋を訪れて自分の世界がいかに小さかったか認識するシーンは名シーンの1つですね!僕も日本飛び出したろかな…

最後泣いてもうたなー…あと1センチの恋 感想、ネタバレ

2014年の映画『あと1センチの恋』を見ました!!

あと1センチの恋(字幕版)

あと1センチの恋(字幕版)

 

イギリス映画でとてもピュアなラブストーリーとなっています!!

 

採点4.2/5.0

 

もう2人がピュアすぎて泣きます…

 

あらすじ

 

ロージーとアレックスは幼馴染。

2人は田舎から出て大学へ行くことを約束するが、ロージーは軽い気持ちで関係を持った同級生との間に子供ができてしまう。

アレックスは引っ越し、ロージーは子育てと仕事に奔走するが2人はすれ違いを重ねて…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロージーとアレックスは幼少期からの親友でお互いどこか心の中にいる存在。

 

12年前高校生の2人。ロージーの誕生日パーティーで泥酔しているロージーはアレックスと初めてのキスをする。しかしその後ロージーは飲みすぎて倒れてしまい、アレックスは謝りに来る。

 

アレックスは医者を目指して勉強していて美女のベサニーの話をロージーとしてイチャイチャしている青臭い2人。

ロージーは女好きのグレッグにダンスに誘われるが断る。そこにベサニーが来て緊張するアレックス。アレックスはロージーにけしかけられてベサニーをダンスに誘って快諾されるがロージーは嫉妬している。

 

翌日アレックスはロージーにベサニーと初体験をしたと聞いて授業中に暴言を出してしまう。

お互いにギクシャクする2人だが卒業パーティーの日、アレックスは綺麗なドレスを着るロージーに少し嫉妬する。

 

パーティーでロージーはグレッグとダンスしてアレックスはベサニーといる。お互いにチラチラ見る2人。

ロージーはグレッグと初体験をしてコンドームが中に入ってしまう。

必死に取り出そうとするロージーはアレックスに報告して、産婦人科に行く。

 

アレックスはロージーに一緒にこの街を出ようと誘う。アレックスはハーバード大を目指すと話してロージーも乗り、ボストン大学に合格する。

 

アレックスに報告しに行くとアレックスはベサニーと関係を持っていた。

そしてロージーは嘔吐してしまい、体調の変化に気づいて検査薬を購入する。検査の結果は陽性でロージーは大きなショックを受ける。

 

アレックスを求めるロージーだがアレックスはベサニーに夢中で暴言を吐きそうになり、泣き出してしまう。

アレックスは後日ハーバード大に合格したことを報告してロージーはまだ通知が来ていないと嘘をつく。

 

ロージーはアレックスに色々片付いたらそっちに行くと嘘をついてアレックスを見送る。

アレックスに抱きつくロージー連絡すると約束して2人は別れる。

 

中絶は考えていないロージー。出産して養子に出すことを決める。

しかしだんだんお腹の子に愛着が湧いてくるロージー生まれた子を見たロージーは娘を抱いてケイティと名付けて自分で育てることを決める。

 

育児に奮闘するロージー。ベビーカーを押しているところをベサニーに見られてしまう。ベサニーに嫌味を言われてしまう。

 

アレックスはある日ロージーアメリカから会いにくる。家に入るアレックスはベサニーに聞いて全てを知っていた。

 

アレックスは父親代わりをさせてくれと話して2人は外に出る。

ロージーはアレックスに気を使って話さなかったことを明かす。アレックスはバーでロージーとの関係を考えているとクラスメートのサリーと話すことになる。

 

アレックスは事あるごとにロージーにビデオを送るが、恋人になったサリーも映っている。

ロージーはホテルの清掃員として働き始めて夢であるホテル経営への夢を追いかける。

 

アレックスはサリーとあまりうまくいっていない。ロージーは成長したケイティと仲良くやっている。

アレックスに呼ばれてアメリカに行ったロージーは空港でアレックスに抱きつく。パーティーで盛り上がる2人。デートしていい感じになる。

 

告白仕掛けるロージーだがアレックスはかわしてしまう。アレックスの家でサリー達と食事してサリーが妊娠した事を告げられる。そしてサリーとアレックスは喧嘩になる。

 

ハーブの個展に行くアレックス達。ロージーはその場に溶け込めずにアレックスにどうしてると告げて帰ると告げる。2人は喧嘩になってしまい、父親のいないロージーに禁句を放ってしまう。

ロージーは去っていく。

 

傷心のロージーはイギリスに帰ってケイティのために再婚を検討する。

ある日グレッグと再会するロージー。ロージーはケイティに会いたいと言うグレッグを拒否するが、頼み込むグレッグに一度だけチャンスをやると話す。

 

グレッグは父親としてケイティと過ごし始めて3人は幸せな時を過ごす。

ロージーはグレッグとよりを戻すことに決める。

 

2人の写真を見たアレックスは嫉妬してロージーは結婚式を迎える。

グレッグと結婚して仕事も順調なロージーはアレックスに電話をかけるがアレックスとサリーは分かれていた。

その時サリーは破水してハーブに助けを求める。彼女のお腹の子はハーブとの浮気した末の子供だった。

 

アレックスと連絡を取るロージーは傷心のアレックスと仲直りする。

そこから5年後かなり成長したケイティは反抗期が来ている。

 

ロージーはモデルとして成功を収めていたベサニーと再会する。アレックスと連絡を取りたいと言うベサニーと嫌味を言い合う。

そしてロージーの慕っていた父親が亡くなってしまう。葬式に来たアレックスと再会する。

2人は幼少期を思い出して抱き合うが、グレッグが酔いながら近づいてきてアレックスと言い合いになる。

 

アレックスはロージーに他にふさわしい男がいると手紙で告げる。それを見たグレッグは手紙を隠す。

ロージーは父の残したお金で田舎にホテルを開業したいとケイティに告げる。

 

アレックスは連絡をくれなくなったロージーに幸せかと聞くが、家族の幸せを優先していると返される。アレックスはベサニーと付き合っていた。

 

ある日グレッグの提携ホテルの予約を見てグレッグの浮気を見破る。

現場に乗り込んでグレッグを殴って別れるロージー。そしてグレッグの荷物からアレックスの手紙を見つけてアレックスを求めて連絡する。

 

するとベサニーが出て同棲している事、結婚することを告げられ、付き添い役をしてくれと2人から頼まれる。

 

アレックスを振り向かせるため、アメリカに向かうロージー達。遅れて式に着くロージーだが、2人はすでに式を終えていた。

披露宴でスピーチしてアレックスへの感謝を告げて、アレックスへの愛を告げる。

 

その後1人で影で泣き出してしまうロージー。幼馴染のトビーにキスされて飛び出したケイティをアレックスと追いかける。

なかったことにしたいと話すケイティにアレックスは自分たちの話をしてケイティはトビーにキスをする。

アレックスは18歳の誕生日に初めてのキスをしたこと、ロージーが泥酔して覚えていないこと、それが原因でダンスのパートナーは別の人を誘ったことのすれ違いを話す。

 

2人は空港で別れる。アレックスはベサニーと幸せになれるのか自問自答している。

ロージーはホテルの開業の準備をして開業祝いをしていると、アレックスが来る。

 

アレックスはみんなが見つめる中、泊まれる部屋はあるかと聞き、ベサニーと別れたことを話す。

ロージーは店員としてアレックスを海の見えるとびきりの部屋に案内する。

そこでアレックスはロージーと抱き合い、ロージーをダンスに誘って2人はキスをしてついに結ばれる。

 

所感

 

ピュアすぎて泣くわこんなん…

 

いやー最後のシーンいいですねー…普通に泣いてしまいましたわ…本当にピュアで不器用な2人で僕もあまり想いを伝えられないのですごくいい映画でしたね…

 

とにかく距離が近すぎて想いを伝えられないことは僕にも経験があって、向こうから告白してもらったんですけど、会う前とかすごく緊張しますよね笑。

 

ロージーとアレックスは結ばれる運命にあったんだと思うけど、お互いに思い合える人と結婚するのが一番だな…

絶対泣くやんこんなん…世界一キライなあなたに 感想

2016年の映画『世界一キライなあなたに』を見ました!!

エミリア・クラーク主演のラブストーリーで、とても見やすい一作です!

 

採点4.5/5.0

 

涙もろい人はハンカチ必須です笑笑

 

あらすじ

 

イギリスに住むルイーズは失職し、下半身不随となった青年実業家のウィルの介護をする臨時の職につく。

ウィルは事故を機に心を閉ざしておりルイーズは困惑するが、ウィルはルイーズの明るさを感じて徐々に2人は惹かれあっていく。

しかしウィルには大きな秘密があり…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィルは恋人とイチャイチャしてシャワーを浴びて家を出るが雨の中オートバイにひかれてしまう。

 

パン屋の店員として働くルイーズは店長に閉店のためクビを言い渡されてしまう。

家のために働くルイーズにかかる負担はかなり重い。

ランニングが趣味の彼氏との関係にも悩んでおり、身体障害者の世話係をしてみることになる。

 

後日その豪邸に行くルイーズは面接で失敗してしまうが、色々細かい指示を受けた後雇われることになる。そして母にウィルとできれば友達になってほしいと告げられる。

 

ウィルは事故の影響でかなり心が荒んでおり、明るいルイーズ、主治医のネイサンもかなり苦戦する。

 

ルイーズは薬の処方もしており、ネイサンから説明を受ける。ウィルに話しかけるルイーズだがウィルはかなり気難しく、何を言っても反発する。それから僕の前では静かにしてくれと言われてしまう。

 

その後も持ち前の明るさで色々試すが、ウィルの反応はいつも薄い。

滅茶滅茶ストレスの溜まってるルイーズは妹に大学に行きたい旨を伝えられて辞められなくなる。

 

翌日ウィルの友達が訪れる。元恋人も訪れるが、彼女と親友の結婚を伝えられているところにルイーズも聞いてしまう。

さらにルイーズは元恋人から事故から避けられ続けて拒否する人を救えないと告げられる。

 

そのあと昔の写真を壊してしまうウィル。ルイーズは恋人のパトリックに話をするがパトリックはトレーニングバカなようだ。

 

後日写真立てを直したルイーズに暴言を吐くウィルにルイーズも言い返してルイーズはお金が必要だからやってるとはっきり言う。

その後雨の日にウィルはルイーズに一緒にDVDを見るよう命令して2人でビデオを見る。感想で盛り上がる2人は外に出て会話が弾む。

ウィルはルイーズを気に入ったようでネイサンもルイーズを褒めている。

 

ネイサンにウィルが脊髄を損傷しているため回復は望めないことを教えてもらうルイーズ。

ルイーズはある日ウィルの父と話し、ウィルは体調を崩していた。

ウィルが心配なルイーズはネイサンを呼んで何とかウィルの危機を救う。

そして過去のウィルの動画をパソコンで見て本来の明るい彼を知る。

 

ウィルが心配で夜遅くまで見守るルイーズ。事故の話を聞いてしまうが、ルイーズにここにいて欲しいと告げる。

ルイーズの子供の頃の話で盛り上がって眠ったウィルを看病するルイーズ。

 

翌日外でルイーズの服装について話す2人。

そしてルイーズは裕福な人たちの暮らしを毒舌でディスって、ウィルのヒゲを剃るように言ってルイーズに剃ってもらう。

 

その後ウィルの家でウィルの両親の口論を聞いてウィルが自殺を計画していることを聞いてしまう。そして父もウィルの苦しみを察して手助けするつもりだった。

 

ルイーズは自殺防止の監視役だったことを知り、妹に辞めたいと話すが、本当に死を望んでいるなら残された時間を特別なものにするように言われる。

そしてルイーズは死ぬ前にやることリストを作ってウィルの決意を覆させるために勉強し始める。

 

ウィルの両親にも相談しながら、ルイーズに一任されることになる。

ネイサンと三人で競馬に行くことになる。ウィルの予想は的中してルイーズは負けてしまう。

その後三人でレストランで食事を取ろうとするがウィルは拒否して帰ることになる。

 

ルイーズはウィルをコンサートに誘ってめいいっぱいおしゃれして出かける。

ウィルはコンサートの後まだ帰りたくないこと、データの余韻に浸っていたいと話す。

 

ウィルはルイーズの誕生日会に招待され行くことになる。

そこに来るパトリック。目の前でルイーズがウィルを介護させているのを見て困惑する。

その後パトリックから指輪のプレゼントを受けるルイーズだが一瞬固まってしまう。

ウィルはルイーズと話した昔履いていたタイツをプレゼントして喜ばれる。

 

次々とデートの提案をするルイーズだがウィルの元にまた恋人の結婚式の招待状が来る。

2人はウィルの元恋人との初デートの場所に行き、ルイーズの父はウィルの手回しでその古城のセキュリティ責任者に選ばれる。

 

ある日ウィルはスイスから来たマイケルと話してルイーズはマイケルが遺書の専門者であることを知り、ウィルの母に報告する。

結婚式に行く2人。そこのパーティでウィルはルイーズに綺麗だと素直に告げる。

2人はパーティでウィルの車椅子越しにダンスを踊って、その後2人で盛り上がる。

 

翌日返って母に少し怒られるが認められるルイーズ。

パトリックはウィルのことばかりのルイーズに不満を示す。そしてルイーズはウィルが肺炎になったことを知り、病院に駆けつける。

 

病院で寝泊まりするなどかなり心配しているルイーズ。

ネイサンはルイーズには見せないが、ウィルが夜中に叫んだりすること、ルイーズに明るく振舞っていることを告げる。

 

ルイーズは家でパトリックと話す。パトリックはウィルとの旅行の計画に嫉妬してルイーズはパトリックに別れを告げる。

 

旅行に出かける三人。ネイサンは旅行先でいい感じの女性と出て行き、ルイーズとウィルは部屋で2人になる。

2人は見つめ合い、キスをする。

 

ルイーズはウィルにスイスの件を切り出して私があなたを幸せにすると言うが、ウィルはこんな状態で生きられないこと、ルイーズを縛りたくないこと、ルイーズに少しでも後悔してほしくないことを告げる。

拒否するルイーズだがウィルはスイスに一緒に来て欲しいと告げる。

ルイーズは泣きながら出会わなければよかったと告げて去ってしまう。

 

翌日気まずいウィルとルイーズ。それでもウィルが心配なルイーズは世話をする。

ルイーズは帰国後家に直帰してしまう。そしてウィルの母に退職を告げて去っていく。

 

家で泣き出してしまうルイーズにルイーズの父がウィル達に電話をするように語る。

ルイーズはウィルの元に急いで施設にいたウィル達。ウィルの両親は席を外して2人きりになる。

 

冗談を飛ばして、寄り添う2人。2人はキスをして最後の別れをする。

 

ウィルがいなくなった世界。

ルイーズはウィルからの手紙を読んでいる。ウィルはルイーズにお金を残しており役立てること、人生へのエールが書かれていた。

ルイーズはウィルの言葉を胸に刻んで歩道橋を歩いてどこかへと去っていく。

 

所感

 

こんなん泣いてまうわ…

 

いやー後半めっちゃ泣いてしまいましたね…ウィルの気持ちも痛いほどわかるし、ルイーズと両親の気持ちもすごく突き刺さりました。

 

好きな人が自分を好きなのにいなくなってしまうことなんてどうしても納得できませんよね…それにルイーズにだけ心を開いていたから尚更悲しくてウィルの最後の日は泣いてしまいました…

 

間違いなくエミリア・クラークの代表作の1つで今後も愛される名作になると思います!!

遠距離ってしんどいよね…今日、キミに会えたら 感想、ネタバレ

2011年の映画『今日、キミに会えたら』を見ました!!

今日、キミに会えたら [DVD]

今日、キミに会えたら [DVD]

 

ジェニファー・ローレンス出演のラブストーリーですごく低予算だったもののセリフが全てアドリブとのことで評判を呼びました。

 

採点3.2/5.0

 

あらすじ

出会ってすぐ恋に落ちた大学生のジェイコブとイギリス人留学生のアンナ。

アンナはビザが切れても滞在していたが、強制送還されてしまう。

2人は遠距離恋愛となるが、会えないことからケンカが多くなり…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンナはクラスで発表している。気の強い彼女はジェイコブの車にラブレターを置いてジェイコブはにやけながら見ている。

 

後日カフェでデートしている2人はほとんど初めて話すようで会話が弾む。

アンナはイギリス人で就労ビザを取ろうとしていた。アンナの部屋で話す2人はいい雰囲気で別れる。

その後もデートを重ねる2人は恋仲になる。

 

アンナはイギリスに帰省する。彼女は一人っ子でジェィコブも両親に紹介する。

ジェイコブはホテルでアンナのために作った椅子をプレゼントする。その下には愛の言葉が書かれていた。

 

卒業してもアンナは就労ビザをとってアメリカに帰ると話す。

アンナは滞在期限が切れたためイギリスに帰ることになる。

 

アンナがイギリスに発つ2人は島に来ているが、本を読むアンナに話しかけるジェイコブは無視される。

しかしジェイコブが愛を告げるとアンナも応じる。2人は風呂場でイチャイチャしていて、アンナは翌朝無理やりにでもアメリカに残ると告げる。

 

知り合いの結婚式に出席するためイギリスに帰国したアンナを迎えにいくジェイコブ。

しかしアンナは入国審査で不法滞在していたことを理由に入国を拒否されてしまう。

 

ジェイコブは家具職人として働いている。2人は電話で話すが、温度差が出始める。その後アンナは泣きながら電話をかけ直してイギリスに来て欲しいと告げる。

ジェイコブは会いに来て2人は楽しいひと時を過ごす。ジェイコブは郵送でアンナに椅子をプレゼントする。

 

しかしジェイコブはアンナが他の男と道具の貸し借りをしていることに嫉妬する。

アンナとジェイコブはアンナの両親と会うが、これからどうするか考えたか聞かれる。

アンナの父は結婚を進めるが、まだそこまでの話の飛躍は早いようだ。

 

ジェイコブはアンナに自分がアンナの人生の一部だと思えないと告げ、アンナは会えない時は他の人と付き合ってもいいことにするか聞くが、ジェイコブは他に好きな男でもできたのかとすねてしまう。

 

ジェイコブはアメリカで他の女性と職場で浮気している。

アンナは知り合いの女性に遠距離恋愛の秘訣を聞いているが、新しい仕事ももらえる。

 

ジェイコブはアンナからの手紙を受け取って浮気相手のサマンサの前で動揺している。

アンナからの電話には出ないジェイコブはサマンサと過ごすがアンナが気になっている。

しつこいアンナからの電話に出るがアンナは真剣にジェイコブと向き合おうとしていて、結婚したいと告げる。電話に出ているところをサマンサに見られるジェイコブ。アンナにとりあえずイギリスに話しに来て欲しいと告げられて迷う。

 

ジェイコブはサマンサに別れを告げる。サマンサは別れ際にキスして泣きながら去っていく。

そしてイギリスに向かったジェイコブはアンナと結婚する。

 

空港でアメリカに帰るジェイコブを泣きながら見送るアンナ。

アンナはアメリカに向かおうとするが、配偶者ビザ取得を拒否されてしまう。

2人はデートしているが、喧嘩になってアンナはすねてしまう。

 

アンナはジェイコブにロンドンに住めるか聞くが、仕事があるので難しいと告げる。

アンナはジェイコブのメールを見てサマンサとのメッセージを見てしまう。ジェイコブは勝手に見たことを怒るが、アンナはサマンサとの仲を疑う。また喧嘩になる2人。

 

ジェイコブはアンナにものの貸し借りをしていたサイモンと寝たのかと聞いてアンナは黙ってしまう。めっちゃ喧嘩になる2人。

アンナはサイモンの部屋に行ってサイモンとキスをする。アンナも浮気していたのだ。

 

ジェイコブは帰国後サマンサとよりを戻している。アンナは仕事で昇格してサイモンと付き合っている。

 

しかし、アンナとジェイコブは相手がいながらも喪失感を感じている。アンナからジェイコブにメールを送る。

 

アンナは入国許可の電話をもらう。そしてアンナはサイモンに新しい椅子をもらうがあまり気に入らない。

サイモンはアンナの両親とも打ち解けていて、両親の前でプロポーズする。めっちゃ戸惑うアンナは断ろうとして両親も察する。

 

サイモンとアンナは話し合って別れることになる。ジェイコブもサマンサと別れ、アンナはアメリカに向かう。空港で会う2人。車に一緒に乗る2人の指には指輪がはめられている。

 

アンナはジェイコブの職場に来る。アンナは仕事を探し、シャワーを2人で浴びながらキスをする。

 

所感

 

ジェニファーがあんなに純粋な子の役をするとは…

 

この映画はアドリブが話題になりましたけど、僕もこの映画を見てアドリブって聞いてマジかよってだいぶ思いましたね笑笑。

 

ジェニファー・ローレンスがちょい役で出てるんですけど、あの子は本当に切なかった。ジェイコブを愛しているけど、アンナを愛するジェイコブの気持ちを分かっていたからこそ最後は引いたんだろうな…

 

遠距離の途中で浮気している2人ですけど、離れてたらそうなっちゃうのかな?遠距離したことも浮気も今のところないんですけど、会う回数って重要なんだろうな。

群抜いてますやん…セッション 感想、ネタバレ

2015年の映画『セッション』を見ました!!

セッション [DVD]

セッション [DVD]

 

公開当時大きな話題を呼んだ問題作にしてJ・K・シモンズの怪演が光る名作です!!

 

採点4.5/5.0

 

凄まじいです。もうその一言。

 

あらすじ

 

名門音楽学校でジャズドラマーを目指すニーマン。そんな彼が出会ったのは鬼教師のフレッチャーだった。

ニーマンは暴言、暴力をも辞さないフレッチャーの指導に耐えて食らいついていくものの、彼の指導は度を超え始めてきて…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニーマンは1人音楽学校でやる遅くまでドラムを叩いて練習している。

そこに現れるフレッチャーはニーマンの名を聞いて楽団員を探していることを告げて彼の演奏を聴くがすごい嫌味を吐く。

演奏に集中しているとフレッチャーは去っていき、ニーマンは見放されたと思う。

 

映画館に行く彼は店員の女性が気になっている。父にはドラマー以外の道もあると告げられている。

 

翌日楽団で演奏するニーマンは2番手だ。ニーマンは部屋の外で誰かが見ているのを見つける。

ニーマンはフレッチャーの楽団の練習を覗いてその夜また1人で夜分まで練習する。

 

翌日ニーマンの楽団の練習に現れるフレッチャー。楽団員のスカウトに来たのだった。高圧的な態度で次々と楽団員を試してニーマンだけがフレッチャーに呼ばれる。

自信を得て笑みを浮かべるニーマン。

 

映画館で店員の女の子のニコルをデートに誘う。承諾してもらえてかなり嬉しそうだ。

ニーマンはフレッチャーの指定の時間に遅れていくとそこには誰もいない。

1人で待っていると楽団員達が来ておしゃべりしているが、フレッチャーが来た瞬間空気が張り詰める。

 

演奏が始まると途中で止めて自己意識のにくさを理由にトロンボーンの奏者を追い詰めて泣かせて退室させてしまう。

休憩後ドラムを叩かかとになるニーマン。フレッチャーはニーマンに休憩中優しく話しかける。

しかし演奏が始まると何度も同じパートをやらせて、しまいにはイスを投げつける。

何故投げつけられたかわからないというニーマンをビンタするフレッチャーはニーマンを詰めて泣かせてしまう。フレッチャーはさらに放送禁止用語連発して叫ぶ。

 

その後黙々と1人で練習に励むニーマン。手に血が滲んでも認められるため必死で練習する。

ニコルとのデートでニーマンは人と目を合わせないことを指摘されるがうまく会話している。

ニコルはなんだか人に嫌われてるような気がすると話し、自分に自信がないニーマンと共鳴する。

 

ジャズコンテストでフレッチャーが優しく知り合いの娘に話しかけているのを見るニーマン。しかしバンドの前に来ると豹変する。自分に恥をかかせるなとバンドに告げて譜面をどこかに置き忘れた者を糾弾する。

 

リハーサルの後ニーマンは正式奏者の譜面を椅子に置いていたが無くしてしまう。

フレッチャーはニーマンに渡した正式奏者に非があるとして楽譜を覚えているニーマンが急遽演奏することになる。

見事に優勝したフレッチャーの楽団。翌日からニーマンが主奏者になる。

 

家族との会話で主奏者になれたことを話すニーマンだが、いとこのダスティンの優秀さとの比較や就職を心配される。さらにニーマンはいとこの活躍をディスり、空気が凍ってしまう。

 

ある日の練習後フレッチャーに残されるニーマン。フレッチャーは笑顔を見せて新しい奏者のコナリーを使いたいと言われる。

2人でどちらが主奏者に相応しいかフレッチャーの前で競うことになる。

フレッチャーはコナリーをあっさり採用してニーマンはかなり不機嫌だ。

 

ニーマンはドラムに集中するためニコルに別れを告げる。さらに別れ話の中でショックを受けるニコルは自分を邪魔だとするニーマンに反感を露わにする。

 

血が滲むほど練習を重ねるニーマン。かなり精神的に不安定になっている。

フレッチャーはある日かつての自分の生徒ではじめは優秀ではなく苦しんでいたショーンの意欲を買ってバンドに入れたことを語る。そして今朝彼が交通事故で亡くなったことを涙ながらに語る。フレッチャーは彼を素晴らしい演奏者だったと涙ながらに皆に伝えたかったと告げる。

 

コノリーとニーマンを徹底的に競わせるフレッチャー。他のバンドメンバーを差し置いてドラムだけ徹底的に練習させられる。

その中でニーマンだけが血を流しながらフレッチャーの求める演奏を遂にやり遂げて主奏者となる。

 

コンサートに遅れそうになるニーマン。レンタカーを借りて会場まで急ぐがフレッチャーはコノリーに代わりをやらせるが、ニーマンは真正面から反発する。

食い下がるスティックをバスに忘れたニーマンに11分後にステージに必ずこいと告げ急ぐニーマンだがレンタカーで戻っていると交通事故に巻き込まれてしまう。

 

全身怪我をした彼はスティックを取って会場まで走るが左手は動かない。血だらけで位置について演奏が始まり、懸命に演奏するが、左手が動かずスティックを落としてしまう。途中で演奏できなくなったニーマンを見たフレッチャーはニーマンにお前は終わりだと告げ会場の客に謝るが、ニーマンは逆上してフレッチャーに襲いかかって止められる。

 

意気消沈のニーマンは委員会と話してショーンがフレッチャーの生徒になってから、鬱病で自殺だったことを知る。退学となるニーマンだがショーンの遺族の願いが2度とショーンのような生徒を出さないことだと知ったニーマンは苦悩の末フレッチャーの行き過ぎた指導を匿名で告発することになる。

 

数年後店員として働いているニーマン。父との関係は良好だが自分に自信はないようだ。

ある日夜に歩いているとジャズのライブにハウスフレッチャーが来ていることを知り、店に入る。

フレッチャーはニーマンの告発で教師をクビになっていた。フレッチャーとニーマンは目が合い、フレッチャーはニーマンに声をかける。

 

フレッチャーはニーマンに誰かが告発したため、クビになったこと、今は指揮者として仕事をしていて自分は学院で最高のバンドを目指していたことを話すが、ニーマンはフレッチャーの指導は一線を超えていたと指摘する。フレッチャーは次の名奏者は育てられなかったが努力はしたため、謝罪する気は無いと告げる。別れ際にフレッチャーはバンドのドラマーを探していると告げてニーマンをバンドに誘う。フレッチャーはかつての楽団でやっていた曲をやるためやって欲しいと告げてニーマンは再びスティックを取る決意をする。

 

ニコルと電話で話すニーマン。ニコルには新しい彼氏がいるが、コンサートに見に来るよつに彼女を誘う。

 

当日スティックを持って会場で位置につくニーマン。物腰柔らかくメンバーに語りかけるフレッチャー。

しかし開始前ニーマンに告発したのはお前だろ?と告げて事前に言っていた演目と全く違う曲を指揮する。みんなの前で恥をかかされるニーマン。これはフレッチャーの復讐のステージだった。

他のバンドメンバーからちゃんとやれと怒られてしまうニーマン。打ちのめされてしまい、一曲目の最後にフレッチャーが近づいてお前は無能だと告げる。

ニーマンは耐えきれずに逃げ出し舞台裏で父に抱きしめられる。しかしニーマンはステージに戻り、フレッチャーが次の曲を言う前に勝手に演奏を始めてバンドに指示をする。困惑するフレッチャーへの復讐返しだった。

渋々指揮するフレッチャーだが、怒りと復讐心に満ちたニーマンの演奏はフレッチャーの求めてきたものであり、フレッチャーとニーマンは素晴らしいほど息が合い始める。

ニーマンは演奏に喜びを見出して曲が終わっても演奏を1人続ける。彼を認めたフレッチャーは狂気の演奏を続けるニーマンに歩み寄り、2人は笑顔で見つめ合いながら最高のセッションを実現する。

 

所感

 

ブラボーの一言ですな…

 

シモンズの演技はさることですが映画の構成、最後のシーンまで全てが美しく、片時も目が離せない傑作の1つと言えるでしょうな。

 

個人的にはフレッチャーの指導はもはや指導ではなく攻撃の域に達していたと思います。そして最後の復讐のシーンですが彼の求める演奏を実現したのは憎み合っていたニーマン…素晴らしいドラマですな。

 

ちなみにニーマンですが、こちら典型的な影響されやすいタイプ。フレッチャーに認められたいがために自分を犠牲にしてパンクしてしまった。どちらが正しいとか悪いとか言うとニーマンの育ってきた環境が1番悪かったのかな…

ガチでおもろいですぜ…キューティ・ブロンド 感想、ネタバレ

2001年の映画キューティ・ブロンド』を見ました!!

リース・ウィザースプーン主演のコメディ映画で当時大きな反響を呼んだ作品ですね!!

 

採点4.2/5.0

 

間違いなくリース・ウィザースプーンの代表作で今後も愛され続ける作品ですね!!

 

あらすじ

陽気なブロンドのエルは大学でファッション専攻を志す人気者。

彼女は政治家志望の彼氏ワーナーのプロポーズを心待ちにしていたが、ブロンドの髪を理由に振られてしまう。

ワーナーを諦めきれないエルはワーナーの進学するハーバード大に猛勉強の末合格してもう一度認めてもらおうとするが…

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃめちゃブロンドヘアーで派手な出で立ちの女子高生エル。ピンク色とパーティが大好きな彼女は人気者でエクササイズにも余念がない。愛犬とともに行動するエルは友達に彼氏ワーナーとの恋愛を応援されている。

 

ワーナーからのプロポーズを待つ彼女はその夜のデートのために衣装選びをする。ファッションにすごくうるさい彼女はワーナーとのレストランデートに向かう。

 

友達達が見守る中会話する2人だが、ハーバードに行くワーナーに議員の妻にブロンドが似合わないことを理由に振られてしまう。

めっちゃ泣き出してしまうエルは怒り出して出て行ってしまう。

 

傷心のエルはワーナーに車に乗るよう言われるて靴が痛むため送ってもらう。

家の前まで来て無言で去るワーナー。

その後1週間エルは部屋に閉じこもってスイーツを食べている。暴飲暴食を続ける彼女はワーナーを振り向かせるためハーバードの法科を目指すことになる。

 

しかし親や教師に反対される。それでも猛勉強するエルは友人にもハーバードに行く宣言をする。

エルはその後派手なビデオ撮影でアピールをしまくる。模試の結果も良く教師の推薦をもらうためアピールする。見事に合格したエルは派手なスポーツカーでハーバードへ向かう。

 

派手な彼女はめちゃくちゃ注目を集める。

挙動不審なキドニーや、女性権利に真面目なイニッドと知り合うが話がずれてる彼女は浮いてしまう。

 

校内でワーナーを発見したエルはしらじらしくたまたま入学したと話すが、ワーナーは開いた口が塞がらない。

講義で全くパソコンを開けないエル。嫌味な女教授に当てられたエルは宿題をしておらず、答えられずに嫌味で地味なヴィヴィアンが退室すべきだと言って退室させられてしまう。

 

イライラするエルは外のベンチで落ち着いた男性のアドバイスを聞くが、そこにワーナーが来る。そこに来るヴィヴィアン。彼女は新しい彼女でフィアンセだった。

ショックなエルは美容院に直行してそこで働く女性ポーレットと話が合う。

そこに来る配達員の男性。ポーレットは彼に気があるようで取り乱す。

 

エルはワーナーを取り戻すため授業を頑張ってヴィヴィアンと張り合う。ワーナーとヴィヴィアンの勉強グループに入ろうとするがヴィヴィアンに拒否されてしまう。

 

周りから浮いてしまうエルは友人に電話するものの婚約の話などを聞いて気分が沈む。

エルは嫌がるヴィヴィアン達をよそに仮装パーティに行くことになる。そこでバービーの格好をして行くが仮装は嘘でめちゃくちゃ浮いてしまう。

 

エルはワーナーにキャラハン教授の4人の選抜メンバーになることを宣言する。頑張る彼女にキドニーが優しくなり始める。

授業も波に乗ってきてポーレットの愛犬を取り戻す手伝いもする。

キャラハンに選抜実習の許可を得て殺人事件の裁判にエルもヴィヴィアン、ワーナーとミスして共に参加することになる。

 

裁判の被告はエルのお気に入りのセレブのテイラーが夫の殺人容疑をかけられている時間だった。

エルはテイラーのダイエットプログラムの両者だった。

打ち合わせに大学で親切にしてくれたエメットが入ってくる。彼は事務所の精鋭だった。

 

エルはテイラーの無実を信じるが、テイラーは状況的にかなり不利だった。アリバイはあるがとある事情で言えないと言うテイラー。

エルは大ファンだと告げてテイラーに信用してもらえる。

 

エルはポーレットに男を落とす必殺技を教える。

エメットはエルの話を真剣に聞くが、キャラハン達は信じない。

エルはテイラーと話して彼女のアリバイが脂肪吸引していたというもののため言えないことを知る。

めっちゃ取り乱すエルとテイラー。テイラーは評判まで失うなら刑務所に行くと言い、エルはその秘密は守ると誓う。

 

エメットはエルと車で被害者の前夫人と会う。彼女は娘がテイラーのことをムカつくと言っていたこと、プールの監視員が目撃者であると語る。

 

帰り道図々しく女性をデートに誘うキドニーに助け舟を出すエル。キドニーはデートに行けるようになる。

その夜ヴィヴィアンが部屋に来る。ヴィヴィアンはキャラハンに逆らってまでアリバイを守るエルを尊敬しており、見直していた。

そしてヴィヴィアンはワーナーの悪口を言ってワーナーが受験が補欠だったが父のおかげで入学したことを語ってエルと仲良くなる。

 

初裁判の日プールの監視員のサルバトーレがテイラーと不倫していたことを証言する。

その日ポーレットは配達員の気になる男性の鼻をミスして頭突きで折ってしまう。

 

エルはサルバトーレが女性ブランドに詳しいことからゲイであると見抜く。

エメットが尋問でサルバトーレのテイラーとの不倫が嘘であると証明する。

 

エルはキャラハンに呼ばれてエルの予想が当たったことを褒める。キャラハンは自分の事務所の見習いに正式になって欲しいと告げるが、膝に手を触れた時ヴィヴィアンが見てしまい、エルが色仕掛けをしていると勘違いする。エルはキャラハンを拒否してキャハランは弁護士は諦めろと告げる。

 

ヴィヴィアンはエルに嫌味を言うが、エルは何のことかわからない。

エルはエメットに降りると告げて、ロスに帰ると告げて出て行ってしまう。

美容院に帰ると告げるが、嫌味な女性教授にゲス男に負けて帰るのか?と告げられて気を取り直す。

 

エルが降りたことをテイラーに告げるエメット。ヴィヴィアンは自分の勘違いを悟る。

裁判の日テイラーはキャラハンにクビを告げてエルが弁護士としてピンクのスーツで復帰する。

 

エメットも協力してエルは被害者の娘がパーマをかけたのにその日にシャワーを浴びたという証言を不審に思い、パーマをかけたら24時間は濡らさないはずだと指摘する。

娘はテイラーを撃とうとして父を撃ってしまったことを口が滑って話してしまい、テイラーの無罪が証明される。

 

その優秀さを見たワーナーはエルに自分にふさわしい女性だと告げてよりを戻そうとするが、エルはあっさり振る。

 

ハーバードの卒業式で総代表として名門弁護士事務所に就職が決まったエルがスピーチする。

ヴィヴィアンはワーナーを振ってエルの親友となり、ワーナーは就職先も決まっていない。ポーレットは配達員と結婚しており妊娠している。

エメットは自分の事務所を設立してエルと付き合っていて、今夜がプロポーズの日だった。

 

所感

 

めっちゃめちゃおもろいですやん…

 

エルのキュートさは圧巻の一言で間違いなくウィザースプーンのはまり役。ちなみにウィザースプーンは当時既に25歳で結婚しており一児の母。マジでそうは見えなかったしこの人のキューティさは40歳を迎えた今でも健在です。

 

エルはとにかく天然で破天荒なんですけど、同時にすごくまっすぐで純粋に頑張る。その点から徐々にヴィヴィアン達からも認められて最後には総代にまで選ばれています。

 

人を見た目で判断することのバカらしさがうまく伝えられている名作コメディですね!子供にも見せやすい内容なので是非見てください!!